ルミガンで眉毛も生える!? 抜きすぎた眉毛を育てるには?

ルミガンで眉毛は生えます!

ルミガンで眉毛は生えます!

 

細眉時代に眉を抜きすぎてしまって、流行りはずいぶん昔に終わったのに今でもまばらにしか生えてこないなんてことありますよね。

 

眉を整えることは身だしなみのひとつですし、メイクには欠かせないことですが、眉の形はその時の流行りでかなり左右されます。

 

ここ数年はあまり手を加えすぎない、自眉を生かしたナチュラル眉が主流。

 

ですが、眉毛を生やしたくても抜きすぎが原因で生えてこないことがあります。

 

まつ毛育毛剤として憧れのフサフサまつ毛を叶えてくれるルミガンは、眉毛の育毛にも効果的!

 

しっかり自眉があればメイクも時短にもなりますし、好みの形に整えることも可能です。

 

ルミガンはまつ毛限定の育毛剤ではないので、眉毛に使うのもありなんです。

 

抜きすぎて眉毛が生えてこなかったり、元々眉が薄い悩みがあっても、まつ毛と同じように毛量を増やして丈夫な自眉毛を育てることができますよ。

 

 

ルミガンでまゆ育するの注意点!

ルミガンでまゆ育するときの注意点!

 

ルミガンを使うときには注意点がありますね。

 

その代表的な副作用が、色素沈着が起こりやすいことです。

 

まつ毛に使用してもまぶたに赤黒いクマのような色素沈着が起きやすく、それを防ぐためにワセリンなどでルミガンを弾くことを推奨しています。

 

まつ毛ならば、多少のクマはメイクで隠すことができますが、眉毛は色素沈着を隠しにくいのが難点。

 

ルミガンが付着したところを放置しておけば色素沈着はしますので、眉毛育毛に使う場合でも同じです。

 

ルミガンをまゆ育に使う場合は、眉毛を生やしたい位置からはみ出さないようにすることが大前提。

 

ルミガンをまゆ育に使うときの注意点を挙げてみます。

  • 夜寝る前、清潔にした肌に使用する。
  • 眉を生やしたい部分以外をワセリンなどでガード。
  • ルミガンの量は少なすぎるくらいがベスト。
  • 眉を生やしたい部分以外にははみ出さないように丁寧に塗る。

 

すでにある程度眉がある人は、眉の毛先につくと余分な液が生えて欲しくないところに付着する可能性があります。

 

ルミガンは眉毛自体に塗っても育毛効果はないので、眉の根本の地肌部分に薄く塗るようにしてください。

 

まつ毛に使うときはアイライン用のブラシやアプリケーターなど、毛先の長いもので補足ラインを引くように塗りますが、眉毛に使うのなら歯間ブラシなど毛先の短いものがぴったりです。

 

  • 眉毛を生やしたいところ以外にはルミガンをつけない。
  • もしついたらすぐに拭き取る。
  • 生えている眉毛についたルミガンも必ず拭き取る。

 

上の三点は眉毛回りに色素沈着を起こさないコツなので、覚えておいてくださいね。

 

 

ルミガンは眉毛の薄い男性のまゆ育にもおススメ

ルミガンは眉毛の薄い男性のまゆ育にもおススメ

 

眉毛が生えない・眉が薄い悩みは女性だけではありません。

 

女性はメイクで眉を描くことができますが、男性はごまかしがきかないことも多いですよね。

 

営業職の男性は定期的に眉を整えることも少なくないですし、眉の薄さガコンプレックスになることも多いようで、眉の増毛も存在しています。

 

眉は顔の印象を左右するパーツなので、眉の薄さや形が仕事に影響するのでは?という心配もあるのかもしれません。

 

ルミガンは男性の眉毛育毛にももちろん使用できます。

 

眉毛専用の美容液や育毛剤も多数販売されていますが、結構高めの値段設定。

 

比較してみるとルミガンは安価でコスパも良く、発毛力はまつ毛育毛剤として高い実力を誇っています。

 

ルミガンなら、男性の薄眉の悩みも解決してくれますよ。

 

しかし、使い方の欄でも記載していますが、ルミガンは色素沈着を起こしやすいものなので面倒くさがらずに必ず眉周りはガードを徹底しましょう。

 

皮膚に余分なルミガンがつかないように気をつけてくださいね。

 

そして、男性の場合はメイクで色素沈着をごまかすことが難しいと思いますが、赤黒く皮膚が変色してしまうことが多いので、もし気になるなら眉育中の色素沈着を隠すのにパウダータイプのアイブロウがおすすめです。

 

男性向け化粧品でも発売はされていますが、100均のメイクコーナーでも濃いブラウンのアイシャドウと毛先の短いアイブロウブラシがあれば代用可能。

 

色素沈着や眉の薄い部分を自然にカバーできるので、持っておいて損はないと思いますよ。

 

 

ルミガン眉毛まとめ

眉の形はメイクの流行によってずいぶん形や描き方が変わりますよね。

 

細眉流行りもありましたし、キリっと強めの眉・ふんわりぼさっとした眉・下がり眉。

 

ファッションと同時にメイクや眉の流行りも変わりますが、常にそれに合わせていたのではキリがありませんが、きちんと自眉があれば少し形をいじるだけでどんな流行りにも対応できますね。

 

そして、メイクを落とした時にマロになる・眉ナシで怖いなんて心配がないのが最大のメリット。

 

普段はまつ毛育毛に使っているルミガンですが、まつ毛に塗るのと同時にちょっと眉毛をなぞってあげるだけでまゆ育も同時にできてしまいますよ。